鹿にやられたーーー

 写真がなくてすみません。

 真ん中畑に植えていた野菜類が、あらかた鹿にやられてしまいました。
 しょんぼり。


 やはりしっかりした鹿よけネットが必要だということを痛感しました。いちおう、緑のネットを張ってはいたのですが、鹿が通れるほどの穴があいておりました。たぶん、いとも簡単に破いたのでしょう。
 そらあ鹿にしてみれば、目の前にご馳走があるわけですから必死になってなんとか中に侵入しようとするものです。

 里芋はあまりおいしくなかったのか、二株ほどほじられている程度で済みましたが、ようやく根付いてきたサツマイモは木っ端みじん。
 おいしそうに大きくできてきたかぼちゃや、まもなく緑色になりかけていたスイカの実はどこにもありません。
 黒豆に至っては、葉っぱが全部食べられており、単なる「緑の棒」になっておりました。


 残ったのは、食用ほうずきと里芋、それから「辛いピーマン類」です。つまり、そのあたりは鹿がおいしいとは思わない食物なのでしょう。
 ということは、この畑は「ハバネロ畑」「食用ほうずき畑」「里芋畑」にすればいいってことか?
 あるいは、ローズマリーやラベンダーのように、鹿が嫌う匂いを発するハーブ類を植えてみるとか。


 なんにしろ、大きな畑を借りて一年目の、小さく耕作している段階で「鹿の被害」に会ったことは、かえってよかったのかもしれません。これが、大きく展開したあとにやられたら大変なことになっていました。
 「真ん中畑」は鹿の動物園になるところでした。


 てなわけで、先行く費用はかかりそうですが、この秋には鹿よけのしっかりとした金属製のネットを2m近くの高さまで張り巡らせる予定にしております。

 この秋には、中古でおんぼろでもいいからちょっと大きめのトラクターを購入する予定でして、来年からは本格的な畑作業も開始です。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
↑クリックしてね


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック