真ん中畑に食用ほうずき(ゴールデンベリー)の苗

 借りた畑の、近いほう(「真ん中畑」と命名)です。

 この畑は広大。
 「いったいどうしようか」というほどの大きさで、まだれんげ畑の2枚分は一切手がつけられていません。写真で見える、先っちょの青い板のあるところまでです。

DSC_0090.jpg

 今、ちょっと整備できたのは、一番下段の畑の、それもごく一部の川に近いところの3列分の畝だけです。

DSC_0086.jpg

 ここには、食用ほうずき(ゴールデンベリー)を明日にでも植えられそうです(写真の右に見えるのはゴールデンレモンタイムです)。
 ゴールデンベリーは2~3mの高さと、かなり大きくなるそうです。

DSC_0071.jpg
DSC_0074.jpg

 食用ほうずきは、血液サラサラ効果と美肌、アンチエイジングにすぐれたスーパーフードだそうで、今から実るのが楽しみです。
 採れたらドライフードにして長期保存できるようにする予定。

 でも、まだまだ実がなるのは先の話ですね。

 それに、鹿の害がひどいので、苗を植えた瞬間に鹿さんに全部食べられちゃう可能性も否定できず。

 いちおう、網をしてみたんですが、風が強い日に簡単に吹き飛んでしまいました。緑の網がゴロゴロとしているのは、飛んだ残骸です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック